【2020年版】Illustratorを独学で勉強するのにおすすめな本ベスト5

Illustratorの使い方

Illustratorの勉強、どこから手をつければいいのかわからない…

まずは基本を学びましょう、おすすめの本を紹介しますよ

Adobe Illustratorは、印刷物をデザインするための定番アプリケーションです。

デザイナー職の求人では「必要なスキル」や「歓迎するスキル」にほとんど必ずと言っていいほどIllustratorが含まれています

デザイナーになるには、Illustratorの技術は必要不可欠なのです。

しかし、多機能すぎて使いこなすのが難しいのも事実。
勉強するにもどこから手を付けたらいいのかわからない…なんてことも。

そこで、今回は本でIllustratorを勉強するメリットとおすすめの本ベスト5を紹介します!

実際に新人デザイナーからの評価の高かった5冊なので、実用性は高いですよ。





イラレの勉強におすすめの本 ベスト5

それでは、ランキングの発表です!


第5位 やさしいレッスンで学ぶ きちんと身につくIllustratorの教本

 

タイトル やさしいレッスンで学ぶ きちんと身につくIllustratorの教本
価格(2019/12現在) 2,420円(Kindle Unlimited対応)
発行日 2017/7/31
対応バージョン 〜Illustrator CC 2017
良い点 基本的で汎用性の高い機能が中心の簡潔な解説
悪い点 CC 2018以降の新機能には未対応

この本は、基本的な機能に絞った簡潔な解説が特徴です。

難しいことは極力省いて情報を絞り込んでいるので、サクッとIllustratorの基本を学びたい場合に最適ですよ。

さらに、この本はAmazonの定額読み放題サービス Kindle Unlimited にも対応しているので、すでに利用している方は追加料金無しでおトクに学習できます。

Kindle Unlimitedで読めるので、ざっと概要を確認するのにぴったりです!





第4位 Illustrator トレーニングブック

 

タイトル Illustratorトレーニングブック
価格(2019/12現在) 2,178円
発行日 2018/1/20
対応バージョン Illustrator CC 2018
良い点 新機能を紹介するコーナーが有益
悪い点 機能にフォーカスしているので作例が少なめ

基本的な操作方法を各機能ごとに切り分けて紹介している本です。

機能単体での説明が多いので、それらを組み合わせて応用するところまでは行きませんが、その分丁寧に解説しています。

どんな機能があるんだろう?という初心者の疑問を解決するのにぴったりの1冊です。

また、新機能紹介のコーナーがあり、新刊を発行するたびに新機能を丁寧に紹介してくれます

新機能紹介のコーナーを読みたいがために新刊が出るたびチェックしています





第3位 Illustrator スーパーリファレンス

 

タイトル Illustrator スーパーリファレンス
価格(2019/12現在) 2,398円
発行日 2019/2/2
対応バージョン 〜Illustrator CC 2019
良い点 機能を調べる辞書のように使える
悪い点 ページ数が多く、紙の本だとめくるのが大変

この本は、Illustratorの基本的な操作は全て網羅していると言っても過言ではないくらい内容が充実しています。

目次・索引がしっかりしているので、実際に作業をしながら分からないことがあったら調べてみる、と言う辞書のような使い方ができます

340ページと言う大ボリュームでありながら、全ページがフルカラーなので見やすく眺めていても楽しい本になっています。

新機能についても随時更新しているので、新刊が発行されるたびに買い換える価値のある定番の1冊です。

何度も繰り返し参照することのできる安定感を評価して3位に選出しました!

参考書っぽさが安心するんですよね。紙面のデザインもシンプルで気が散らないです





第2位 Illustrator 10年使える逆引き手帖

 

タイトル Illustrator 10年使える逆引き手帖【CC完全対応】[Mac & Windows対応] 
価格(2019/12現在) 2,640円
発行日 2019/9/26
対応バージョン 〜Illustrator CC 2019
良い点 とことん丁寧な解説と、長く使える基礎知識
悪い点 ページ数が多く、紙の本だとめくるのが大変

この本はIllustratorでやりたいことはわかっているけど、操作方法がわからないという方のにおすすめの本です。

汎用的な基本操作から、中級者向けの実用テクニックまで。
その全てが、初心者でもわかりやすいように丁寧に解説されています。

特徴としては「どのように操作するか」だけでなく「なぜその操作をするのか」というところまで踏み込んで解説しているところです。

なぜ?を知ることができるので、その知識をもとに自分で操作する際にも応用しやすい内容になっています。

タイトルにもある通り、本質的な知識を学ぶことができるので、今後10年ソフトのアップデートが続いても役立つ内容ばかりです。

10年使えるっていうネーミングがいいですよね。ずっと使い倒すぞという気持ちになります





第1位 Illustrator しっかり入門

 

タイトル Illustrator しっかり入門
価格(2019/12現在) 2,178円
発行日 2018/9/21
対応バージョン Illustrator CC 2018
良い点 初心者に優しいゼロベースの説明
悪い点 1ページごとの情報量が豊富なので読み続けると疲れる

この本は、完全初心者を対象とした超入門書です。

これでもかというくらいに丁寧な解説と豊富な情報量で初心者のIllustratorデビューをしっかりサポートしてくれます。

特に初心者が戸惑いがちな各パネルの機能説明を一覧で掲載してくれているので、使いたい機能がどこにあるのかを把握することができます

最後には手を動かして学ぶ実践編もあるので、これ一冊を読み切ればある程度Illustratorを操作するスキルが身につきます。

独学でゼロから始めるならこれが一番!というわけで1位に選出しました

Photoshop版と同じシリーズが1位です。被らないほうがいいかなとおもいつつ、結局これを選んじゃいました





 

本でIllustratorの勉強をするメリット

Illustratorを勉強する方法は主にこの3つ。

  1. WEBで参考になるサイトを見つける
  2. デザイナースクールに通う
  3. 参考になる本を読む

この中で本を選ぶメリットとは何でしょうか?

①WEBの情報よりも信頼性が高い

WEBでの情報収集は、多くの人がすでにやっているのではないでしょうか?
無料で気軽に見られるので、活用できれば効率よく情報収集ができますよね。

しかし、WEBの情報は個人で運営されているサイトがほとんどで、信頼性に欠けます。
古いバージョンの記事も多く「今はもっといい方法があるのに…!」という情報が紹介されていたりします。

 

②デザインスクールに通うよりも手軽

デザインスクールに通うのは、私が一番オススメする方法です。
実際に手を動かすことができますし、専門の講師に質問することで理解を深められます。
また、同じデザイナーを志す仲間と切磋琢磨することでモチベーションを保つことができます。

しかし、スクールは費用がそれなりにかかる上、最低でも3ヶ月ほど通わなければいけないので時間に余裕がない方には厳しいのではないでしょうか?

 

③ちょうどいい、本という存在

本は、WEBよりも信頼性の高い情報をスクールよりも手軽に得ることができます。
最近では紙だけでなく電子書籍もあり、自分にあった読書スタイルを選べるようになったのも嬉しいですよね。

 

イラレの勉強には本を活用しよう

というわけで、Illustratorの勉強に役立つ本の紹介でした。

ランキング形式で紹介しましたが、それぞれ特長が異なっているので、自分に合いそうな本を選んで勉強してみてください。

他にもデザインの勉強に役立つ本をまとめているので合わせてお読みください。
▶︎ Photoshopの勉強におすすめな本ベスト5
▶︎ 配色を決めるのに役立つ参考書6選
初心者でもプロ並みのチラシを作れる!デザインの参考書5選

最後までお読みいただきありがとうございます。


▼この記事で紹介した本一覧

 

 

 

 

Otto!

美大を卒業後、デザインプロダクションでデザイナーを5年。 その後、IT企業のPR戦略室でブランディングデザインを担当。 WEBデザインを中心に、ユーザーに寄...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧